茶道裏千家淡交会青年部 東海ブロック

われわれ茶道を愛好する青年としての自覚により淡交会の諸活動に協力し、お茶を通じて良識ある近代人としての人間形成に努め、同志的結合によって結ばれた 友情と情熱で正しい地域社会発展のために努めよう。
第9回 国際交流茶会
0

     

    静岡市にある「国際ことば学院」との国際交流茶会を6月25日の日曜日に

    アイセル21にて開催致しました。

    今年で9回目となる国際交流茶会は、日本ならではの文化である“茶道”と

    “日本のマナー”を留学生が知ることができる良い交流の場として続いています。

      

    今年の天候は朝から雨模様でしたが、ほぼ欠席者もなく多くの方にお集りいただく

    ことができました。

     

    開会式では、茶道裏千家淡交会静岡青年支部の青島宗智相談役、吉田宗洋相談役より

    ご挨拶を頂きました。

     

    国際ことば学院の野田校長先生からも、ご挨拶と参加生徒の母国でのお茶文化や

    各国の挨拶、民族衣装などをご説明いただきました。

     

    学茶の生徒さん、

    そして辻村和服専門学校の学生さんも、自主製作の浴衣を着て参加して頂き、

    会を華やかに演出下さいました。

     

     

    開会式の後は、班長・副班長・先生方のもと、3班にわかれて、

    ,茶点て体験

    ▲泪福雫擬

    C祺

    を行いました。

     

     

    ,痢△茶点て体験では、お道具の説明をしたあとに、お茶点て体験をしました。

    点てるのに苦戦し青年部の手助けを求める生徒さんいらっしゃいましたが、

    皆さん、自分で点てたお茶が1番だったと最高の笑顔で絶賛し合っていました。

     

     

    △痢▲泪福雫擬爾任蓮襖の開け閉め・畳の歩き方・立ち方座り方、お辞儀の仕方、

    お茶お菓子のいただき方などを学びました。

    慣れない正座や所作に、緊張し四苦八苦しながらも楽しく体験されていました。

     

     

    の、茶会では、お茶室にて茶会を行いました。

    マナー教室で学んだことを実践しながら、真剣に茶会を体験していました。

    洗い茶巾の点前では、暑い日にも涼しさを少し感じていただいたようです。

     

     

     

     

     

     

    閉会式後、各班の班長と代表の生徒に一言頂きましたが、

    皆さん大変楽しかったと喜んでいただき、お抹茶も苦くなく美味しかったとの

    感想をいただきました。

    中には自分の母国のおふくろの味でもあるお手製の茶葉の佃煮を振舞って下さった

    生徒さんもいて、より一層交流を深める事が出来ました。

     

     

     

    多くの方々と茶道を通じて交流を図り、お互いに成長できる貴重な場をいただき

    感謝しております。

    来年の記念すべき第10回目の国際交流茶会でも、素晴らしい笑顔でお会いできる事を

    願っております。

     

     

     

    静岡青年部 静岡北委員会 広報

     

     

    | 静岡青年部 | 静岡青年部 | 10:53 | comments(0) | - | - |
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE